600 title HELMET TECHNOLOGY

601title HELMET TECHNOLOGY

601 01 HELMET TECHNOLOGY

602title HELMET TECHNOLOGY


601 02title HELMET TECHNOLOGY

601 02 HELMET TECHNOLOGY

SMITHヘルメットはゴーグルのフレームのカーブに合わせて、その間に隙間ができないように設計されています。 ゴーグル上部のベンチレーション位置とエアーエバックがきちっと重なるようになっています。

601 03title HELMET TECHNOLOGY

601 03 HELMET TECHNOLOGY

ゴーグル内部で温まった湿気のある空気が、ヘルメット内部のエアバック2のEPSチャネルを通り 最後にヘルメット後方から排出されます。

601 04title HELMET TECHNOLOGY

601 04 HELMET TECHNOLOGY

通常のヘルメットでは、ゴーグルフレーム上部のベンチレーションを塞いでしまい、曇りの原因になります。 SMITHのエアーエバックベンチレーションシステムは、ゴーグルを抜けたエアーの流れをヘルメットの内部に 吸い込み後部へ流します。

601 05title HELMET TECHNOLOGY

601 05 HELMET TECHNOLOGY

エアーエバックをより進化させたのがこのシステムです。ゴーグル上部から吸い込まれた暖かい空気をヘルメット 内部のEPSライナーのチャネルに引き込み、さらに上部からの空気を逃すレギュレーターシステムを搭載しています。

601 06title HELMET TECHNOLOGY

601 06 HELMET TECHNOLOGY

左右すべてのレギュレーターをオープンすることにより最大限の換気機能を発揮します。

601 07title HELMET TECHNOLOGY

601 07 HELMET TECHNOLOGY

このシステムは、一部のベンチレーションホールだけ、または、全てを閉じることも できます。ヘルメット内部の気温を細かくコントロールできるのです。

603title HELMET TECHNOLOGY

602 01 HELMET TECHNOLOGY ※1 外部ABSと内側のEPSのつなぎ目がないスムーズな構造

602 01title HELMET TECHNOLOGY

軽量な素材と、耐久性の高い異なる素材を組み合わせることで今までにない新しい構造を持つ、第二世代の ヘルメットメーキングのテクノロジーです。 薄く耐久性の高いABSに、モールド成型されたEPSライナーを熱融合。 この技術がヘルメットの形状デザインを大きく進化させました。頑丈かつ軽量。そのうえ、スリムで薄く頑丈。 かぶっていることさえ気にならない。このテクノロジーをさらに進化させたのがハイブリッド・スーパーライト コンストラクションです。強度を損なわず20%の軽量化に成功しました。(※1)
VANTAGEに採用

602 02 HELMET TECHNOLOGY ※2

602 02title HELMET TECHNOLOGY

メイズの軽さの秘密はこれ。1mm以下の薄いポリカーボネイトEPSのライナーに蒸気接着しています。 驚くほどの軽さと、充分な強度が特徴。(※2)
MAZE、ZOOM、COSMOSに採用

602 03 HELMET TECHNOLOGY ※3

602 03title HELMET TECHNOLOGY

高い衝撃吸収力を持つABSをインジェクションモールドで成型。EPSライナーを接着しています。 とにかく頑丈で、耐久性が高く少々の衝撃ではシェルが凹んだり、亀裂が入ったりすることはありません。(※3)
HOLT、HOLT PARKに採用。

602 04 HELMET TECHNOLOGY ※4

602 04title HELMET TECHNOLOGY

今季開発されたのが、ハイブリッド・シェル・コンストラクションとインモールド・コンストラクションの いいところを取り入れた、 ハイブリッド・インモールド・コンストラクションです。必要最低限の強度を持ち、 驚くほどの軽量化に成功。そして一番の特徴はVANTAGE同様スリムで薄いシェル低重心デザインを可能にして います。(※4)
NEWモデルのTRANSPORT、VOYAGEに採用